読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜直感的源論〜

元探偵で、現パートナーシップ研究家。「バカ男は絶滅しろ!」の『絶滅節』が炸裂!!!男女や夫婦問題を中心に、世の中の「言いにくい」ことを代弁します。レシピや日々のくだらないことも(笑)

これでも「不倫は悪だ!」って言える人は鬼だと思う。

今日はちょっと趣向を変えて

皆さんで「不倫」について考えてみましょーう!

いえーい!

レッツ不倫〜♪←違!!!

 

 

僕は

元探偵として

探偵時代に様々なケースの不倫を見てきて

探偵を辞めてからも15年以上、色んな夫婦問題の相談に乗ってきた

 

僕はね

いつも書いてるように

不倫が良いか悪いかなんてことをジャッジするつもりはない

不倫には必ずそこに至るまでの「背景」「理由」が存在する

 

今日の「例」はめっちゃ極端な例だけど

不倫について是非みなさんに考えて欲しい

 

 

例①

結婚10年目←何年目でもええんやけどね(笑)

夫・妻ともに30代

まだまだ色々と現役!

小学生ぐらいの子供あり

 

夫が数年前に職場をリストラされ

仕事もせず

就職活動もせず

子育ても手伝わず

毎日毎日スマホゲームにパチンコに競馬にフラフラフラフラ

 

妻は生活を支えるため昼も夜も働きづめで

子育てもしている

 

妻は旦那に

・なんでも良いから仕事をして欲しい

・子育て、家事を手伝って欲しい

・それが叶わないなら離婚して欲しい

そう毎日毎日懇願している

 

旦那は

・仕事は探している

・子育てもしている(ホンマかいな)

・離婚は絶対にしない!←本気で離婚をするなら弁護士雇って調停・裁判をするしかない状況だがそんな経済的余裕は無い

 

こんな生活が何年も続き

妻は身も心もボロボロ

 

ある日妻は職場の上司に呼び出され

「最近元気が無いがどうかしたのか?何かあるなら相談に乗るぞ」と声をかけられる

 

最初は

お茶をしながら

食事をしながら

他愛の無い話をしていたけれど

思いの外この上司が優しくていいやつだとわかった

 

次第に家庭環境の悩みを上司に話すようになった

それだけで良かった

他にこんなことを話せる人もいないし

話せるだけで気が楽になった

 

そしていつしか妻は

上司への特別な想いに気づいてしまった

 

ダメよ!

私は夫も子供もいる身

上司だって妻子がいる人

 

「好きになってはいけない…」

 

みんな知ってるとは思うけど

好きになってはいけないと思った時点で

とっくに恋に落ちてるんだよね

 

そして

何度目かの夜

ついに二人は…

 

 

 

と、いうようなお話ですが〜

色々と細かい設定はすっ飛ばして(笑)

でも

こういう話って実際によくあるんだよね

「ホンマかいな!!」って思った人もいるだろうけど

ただ「人には話せない」というだけで

こういう悩みを抱えている女性はゴマンといる

 

 

でね

ここから

これを読んでいる皆さんに質問

 

こんな状況であっても

この「妻」という女性に対して

不倫は絶対に「悪」だ!!

家庭が壊れてもいいのか!!

夫と子供を裏切って良心は痛まないのか!!!

どんだけ辛くても不倫なんかすんじゃねーよ!!!!

 

って

言える???

 

僕はね

それこそ「鬼」だと思うわ

 

そりゃーね

じっくり探せば他にも解決方法はあったと思うよ

でもね

この話の「妻」という女性には

そんな心の余裕なんて無かったんだよね

 

仮に

これで不倫がばれたところで

恐らく情状酌量

妻が不倫に走る前に夫婦関係は崩壊していた

と、判断される可能性も…ゼロではない

 

まぁそもそも

不倫って探偵を使って「証拠」を押さえない限り

裁判で不倫を理由に有利に離婚を進めることはできない

 

この夫には探偵を雇うお金なんて無いだろうしね

 

 

誤解の無いように書いておくと

僕はね

「それでも不倫はしちゃダメ!」という考え方の人を

否定するつもりは全くありません

それはその人の、あなたの「正義」だからね

 

僕は勝手に「鬼だ」と思っているだけで

あなたを「鬼だ」と思うことも無いから安心して(笑)

 

ただ

これだけは考えて欲しい

 

じゃあ

この「妻」は

どうすれば救えるんだろうか?

どうなれば救われるんだろうか?

 

人ひとり救えない「正義」に

どれだけの価値があるんだろうね

f:id:gen-ron:20160327224636j:plain