読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜直感的源論〜

元探偵で、現パートナーシップ研究家。「バカ男は絶滅しろ!」の『絶滅節』が炸裂!!!男女や夫婦問題を中心に、世の中の「言いにくい」ことを代弁します。レシピや日々のくだらないことも(笑)

ベッキー復帰放送に見える、なぜ「あの不倫」は「あの時に」やめられなかったのか?

久々に時事ネタです

 

ベッキーがテレビ復帰したね

Youtube等でその時の動画が観られます)

 

何度も書いてるけど

僕は人の不倫に関しては否定も肯定もしない

ただそこに「不倫」という現象があっただけに過ぎない

 

そもそも

人様の色恋沙汰に

他人があーだこーだ口出しするのって何の意味があるの?

みんな暇だね

 

 

 

今回の放送で印象的だったのは

 

・1月の会見に「嘘」があったことを認めたこと

・流出したLINEの内容を認めたこと

 

多分

一般人の感情を逆なでしたのは、ここだったんだと思う

 

 

んでね

世間の皆様からみたら

会見の「嘘」にしても

「ありがとう文春!」のLINEにしても

 

どうしてあんなバレバレな嘘をつくんだ!

どうしてあんなバカな内容をLINEするんだ!

頭おかしんじゃねぇの???

 

って思ったんじゃないかと…

 

 

いや…

あのね?

ハッキリ言うけど

人を「本気で好きになる」ってそういうことだろ???

 

 

 

前に

女性は「子宮」で恋をする!ってことを書いたけど

gen-ron.hatenablog.com

 

ベッキー

相手の男性は「実は既婚者だ」ということを知ったのは

付き合いが始まった後のことだったそうやん?

 

ベッキーだってバカじゃない

最初から相手が既婚者だって知ってたら

絶対に付き合ってなかったと思うよ

 

でも

知り合って、好きになって、付き合って

その後に「実は既婚者でした」って知らされた時にはもう

ベッキーは「子宮」で恋をしてたんだと思う

 

つまり

もう「思考」ではその不倫を止められない状態だったんだよね

 

 

 

ちょっと話はずれるかもだけど

よく「心を奪われる」って言うやん?

ベッキーはすっかり「心を奪われて」たんだよね

 

 

僕の大好きな少女漫画「カレカノ」の中で

こんな名台詞があった

 

 

心のバランスが
取れなくなるから
恋愛でしょ

カッコつけて
うまくやってるうちは
まだ本当じゃない

それはまだ
相手より自分の心を
大事にしてるって
ことだよ


心のバランスが
崩れるほどの人に会った

だから
心を"奪われる"
っていうの

 

 

ホンマにその通り!

 

ここにさらに

「子宮」で恋をする!が重なったら

 

もう普通の人間では

何が良くて何が悪いか

道徳観・倫理観なんてものは

まともに「思考」では考えられない状態になっているってこと

 

もう簡単にまとめると

頭おかしくなってんだよ

 

 

ましてや

ベッキーみたいな恋愛経験が少ない(であろう)女性には

そういうことって顕著に現れる

 

あの騒動の最中のベッキー

ベッキーであってベッキーじゃなかった

それぐらい言っても過言ではないぐらい

頭おかしくなってたんだと思う

 

 

 

みんなも

そういう「心が奪われる」「子宮で恋をする」恋愛ってしたことあるやろ?

 

それがたまたま不倫で

それがたまたま芸能人で

それがたまたまベッキー

それがたまたまバレちゃった

それが今回の騒動の真相だわ!

 

 

僕は

ベッキーがした不倫については否定も肯定もしない

 

でも

ベッキーが全てを認めて(本来なら謝罪なんてする必要もないのに)謝罪したということは、すごいことだと思う

 

 

みんな

よーーーく考えてみ?

よ〜〜〜く想像してみて?

 

みんなも

嘘ついたり

人を傷つけたり

大切な人を失ったり

取り返しがつかなくなったり

恋愛でそういう経験あるやろ?

 

それを

テレビで

全国ネットで

放送されるんだよ?

 

そんなん耐えられる????

それをあの子はやったんだよ

 

いくら芸能人とはいえ

全国に向かって自分の恥を晒すなんて

年頃?の女性には死ぬほど恥ずかしかったことだろう

 

 

途中

中居くんの

「本当に好きだったんだね」という言葉の後に

ベッキーがボロボロ泣きだしたのを見て心を打たれた

 

この涙が

何を意味してるか

 

それぐらいは分かる人間でありたいよね

 

 

それにしても

何より感動したのは

中居くんの器の大きさだ

 

あれは真似できないわ

f:id:gen-ron:20160514025306j:plain