読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜直感的源論〜

元探偵で、現パートナーシップ研究家。「バカ男は絶滅しろ!」の『絶滅節』が炸裂!!!男女や夫婦問題を中心に、世の中の「言いにくい」ことを代弁します。レシピや日々のくだらないことも(笑)

季節外れのホラーな話。まさかのストーキング方法…

昨日の続きね

むかし、ストーカーされていた時の話

 

gen-ron.hatenablog.com

 

 

 

 

ストーカー事件が解決したキッカケは

当時お付き合いしていた女性からの一言だった

 

 

 

 

「ねぇ

 

 

 もしかしてなんだけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 あなたのメール

 

 

 

 

 転送されてない?」

 

 

 

 

へ?…( ゚д゚)ポカーン

 

 

え?

 

メール?

 

メール???

 

 

 

確かに

これまでのストーキングが

僕のメールを読むことができていたのなら

全て納得がいく

 

 

僕が

いつ

どこで

誰と

何をしていたか

全部わかる…

 

 

お付き合いしていた女性の元に

嫌がらせの手紙が届いたのも…

 

当時、その女性宛に宅急便を送るために

住所を送ってもらったことがあった

 

そのメールが閲覧されていたのなら

その子にだけ嫌がらせの手紙が行ったのも納得だ

 

 

 

でも

一体どうやって??

 

 

 

調べた結果

 

 

当時

僕が使っていた携帯電話は

某「A社」のガラケーだった(まだスマホなんて存在すら無かった時代)

 

 

その某「A社」にだけあった

 

 

 

『メール自動転送サービス』

 

 

 

どうやら

このサービスが僕の携帯に仕掛けられていたらしい

 

 

 

僕と、その別れた彼女が

まだ付き合い始めの頃

 

僕の携帯を勝手に操作し

僕宛に届いたメールを

その別れた彼女に転送されるように設定していたのだ

 

 

 

付き合い始めからそんなものを勝手に設定するなんて…

 

 

なんてサイコパスな…(((;゚;Д;゚;)))ヒイィィィ!!

 

 

そして

 

 

某「A社」!!!

なんて余計な機能を作りやがったんだ!!!←こういうのを八つ当たりという(笑)

 

 

 

速攻で携帯を解約

キャリアを変え

アドレスも番号も全てを変えた

 

 

それ以降

パッタリと

嫌がらせは止まった

 

 

 

今、この

LINEやFacebookメッセンジャーなどで気軽に連絡が取れる時代に

わざわざ「携帯メール」という媒体を使う人はいないだろうが

 

よくもまぁ

当時、こんな「監視方法」を思いついたものだ…

 

 

 

きっと

今の時代はもっと恐ろしく巧妙な方法で

ストーキングができる時代なのだろう…

怖い怖い…

 

 

 

これを読んだ皆さんはきっと

こう思ったのではないだろうか?

 

 

源さん…

その女性のサイコパス

見抜けなかったんですか?

 

 

20代半ばの少年には

そんな目利きは備わってなかったよ(笑)

 

 

ってゆーか

女性の演技って

男にはそう簡単に見抜けないものだよ

 

 

 

つくづく思う

 

 

 

女は怖い…

 

 

f:id:gen-ron:20160922210403j:plain