〜直感的源論〜

元探偵。現パートナーシップ研究家、作家。不倫やレスなどの夫婦問題を中心に、世の中の言いにくい事を代弁しています。間違った性の価値観を払拭するため、正しい性教育講座も全国的で開催中。人生変わるよ♡

過去、シングルマザーに言われて『うん、それは無理』って思ったこと

お知らせ①

◆5月11日(土)《zoom》男性向け性教育講座♡

奇数月にしか開催しないので次は7月になるよ

【募集中♡】既に数名お申し込みを頂いております!ありがとうございます

【男性向け】女性を幸せにするための性教育講座〜今、男に必要なのは女性をひらく力〜

 

 

お知らせ②

◆5月18日(土)《名古屋》性と愛を語り尽くす座談会

今年一度だけの開催♡この機会にぜひ!

【早割】もやってるよ

【残席3】お申し込みはお早めに♡

【科学者と変態と一緒に性と愛を語り尽くす座談会♡】

 

  

お知らせ③

◆5月19日(日)《名古屋》あげまん塾

【残席4】

【あげまん塾】5月19日(日)名古屋開催決定♡

 

 

お知らせ④

◆5月26日(日)《松山》オンナをひらく性教育講座

【4/24(水)21時〜募集開始】 四国では最初で最期の開催だよ♡

『オンナ』をひらく性教育講座〜【本来の私】に戻る魔法♡〜 5/26(日)愛媛

 

 

 

 

 

※シングルマザーという呼び方を良く思わない人がいることもわかってるけど、他にそれを適切に表現できる言葉を知らないのでこの記事では『シングルマザー』で書くね

 

 

今回の記事は

あくまで『源さんがそうだった』というだけの話

他の男性がどうなのかは知らん

 

 

 

前提として

源さんは子供が苦手だ

(『嫌い』って書くと「本当は好きなくせに〜」とか「源さんみたいな人が自分の子供ができると溺愛するんだよー」とか心底ウザいこと言ってくる人が絶対出てくるので、ここではあえて苦手と書いておこう。ほんと、ウザいんでやめろ)

 

 

自分が子供の頃

適度に優等生だっただけに

世間の平均的な、騒がしくて、言うことを聞かない子供という存在が受け入れられないのもある

 

やはり

苦手なものは苦手だ

 

人間の子供より

犬の方がよっぽどマシだ

 

 

 

そんな源さんは過去に

お子さんがいる女性とお付き合いすることが何度かあった

 

 

その度に言われて

「いや、それは無理だわ」って思ったことがある

 

 

それは

 

 

 

「子供のことも

 

 

私と同じように

 

 

愛してほしい」

 

 

 

 

うん

 

 

 

 

無理(´⊙ω⊙`)

 

 

 

それは絶対に無理

 

いくら、半分はあなたの血・DNAだとしても

 

存在自体は紛れもなく

 

赤の他人

 

な訳だよ

 

 

 

んで

源さんは

そもそも子供が苦手なわけで…

 

 

どう頑張っても

 

それは無理(´⊙ω⊙`)

 

ほんと申し訳ない

 

 

 

「え?じゃあ子供がいる女性と付き合わなければいいじゃん」

 

っていう声がどこからともなく聞こえてきそうだけど

 

 

いやいや

 

好きになっちゃうもんは

仕方なくね?(´ω`)

 

 

それこそ

子供がいるかいないかで

異性を好きになるかどうかを決めるのって

 

ただ【条件】で人を選んでるだけじゃね?

 

 

好きになった人に

たまたま子供がいただけ

それだけの話じゃんか?

 

 

シングルマザーの女性に言っておきたいのは

少なくとも、こういう男もいるってこと

 

まだまだ世間には

 

・子供はみんな可愛いもの

 

・大人はみんな子供が好き

 

・子供のことを嫌いとかいう大人にロクな人間はいない

 

そんなアホみたいな風潮が残っているけど

それこそ作られた価値観だよ?

 

アレと同じだよ

犬好きの人が

「犬が嫌い」っていう人を嫌悪するのと同じ←みんながみんなそうとは言わないけど(笑)

 

 

誰だって

 

好き嫌い

得意不得意

得手不得手

駄菓子菓子(´⊙ω⊙`)←違

 

は、あるものなんだよ

 

貴女が子供が好きだからといって

世間のみんなが子供が好きなわけではない

 

そこはぜひ

知っておいてほしい

 

 

そして

自分の子供だからといって

新しくできたパートナーに

愛することを強要することは

しないであげてほしい

 

 

 

とはいえ

いくら子供が苦手な源さんでも

好きな人の子供として接するのではなく

1人の人間として接することはできる

 

「子供のことも私と同じように愛してほしい」ではなく

 

「同居人として、1人の人間として、普通に接してほしい」

と言われる分にはなにも無理だとは思わない

 

 

 

だがしかし!!

 

 

駄菓子菓子(´ω`)!!

 

 

「1人の人間」だからこそ

 

合う合わない

は出てくるわけで

 

 

1人の人間として見たとしても

やっぱり無理な子供はいるし

逆に、めっちゃ合う子供もいる

 

 

 

ちなみに

源さんの彼女にも子供がいる

 

日々、ぶっ飛ばしたくなるほどイライラする

つまり

合わないタイプの人間だ

 

 

それでも

源さんが彼女と一緒に入られる理由は

 

彼女自身

 

「子供のことも私と同じように愛してほしい」とか言う女、マジ無理(´ω`)!!

 

というタイプだからだ(笑)

 

子供への、子育てへの価値観が

とても似ているので一緒に居て無理がない

 

 

 

あー

書いちゃった

 

子供大好きな女性からすれば

それこそ「源さんみたいな男はマジ無理」なんだろうなー

 

 

うん

 

僕もあなた方のことは

マジ無理です(´ω`)!!←こら

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

★色々お知らせ★

  

 源さん公式メルマガ

【源さんの源さん♂】始めました

※LINE@は終了しました

 

 

【レンタル源さん♡】が復活!

 

 

源さんの出没情報はこちら♡

 

 

月一のライブ配信場所となってます(笑)

 

  

源さんの著書♡地味〜ぃぃに売れてます!読まなくていいから買ってね←おい

人生は壮大なひまつぶし ゆる~くテキトーでも豊かに生きられるヒント

人生は壮大なひまつぶし ゆる~くテキトーでも豊かに生きられるヒント

 

 

 

f:id:gen-ron:20190422223528j:plain