〜直感的源論〜

元探偵。現パートナーシップ研究家、作家。不倫やレスなどの夫婦問題を中心に、世の中の言いにくい事を代弁しています。間違った性の価値観を払拭するため、正しい性教育講座も全国的で開催中。人生変わるよ♡

『男は簡単にセックス出来た女を大切にしない』は本当か?

 

『男は簡単にセックス出来た女を大切にしない』?

 

『男は時間をかけて落とした女を大切にするもの』?

 

 

 

よくあるテーマだよねー

 

 

家は賃貸がいいか持ち家がいいかみたいな

永遠に答えの出ない問でもある(←ちょっと違うような…笑)

 

 

 

と、いうのも

このテーマを書いている記事って

やっぱりどこか「男ってこういうもの」という決めつけがあるのよね

 

 

今回はこのテーマについて

男目線でぶっちゃけちゃうよ(・∀・)げへへ

 

 

 

 

Instagramで有名な恋愛コラムニスト

神崎メリさん

※一方的に知っているだけで面識はありません

 

 

 

彼女がこのテーマについて書いていたのを読んで


今回この記事を書こうと思い立った

※特にこの記事の後半部分について、ね

 

 

 

 

 

結論から言うと

 

 

そういう男もいるし

 

そうじゃない男もいる

 

 

 

以上(・∀・)!!!!

 

 

 

 

ブフッ∵(´ε(┗┐ヽ(・∀・ )ノ もうちょっと何かあるだろうがゴルァーーーーーー!!!!!!

 

 

 

(#)∀`) < あーいとぅいまてーん真面目にやりまーす

 

 

 

 

とある調査によると

出会ってすぐにセックスをした後

 

・大切にされなかった

・大切にされて関係を継続できた

 

その割合が発表されてるんだけど

どれぐらいだと思う??

 

 

 

 

・大切にされなかった…約4割

 

・大切にされて関係を継続できた…約6割

 

 

 

そう

半分以上のケースで

その後も大切にされて関係を続けられてるのよ

 

 

 

つまり

 

『男は簡単にセックス出来た女を大切にしない』

 

『男は時間をかけて落とした女を大切にするもの』

 

 

これはある種の

女性側の決めつけである

と言える

 

 

 

もっと言えば

4割の『大切にされなかった』の理由を細かく調べていけば

全ての場合で男だけが悪かった、という割合も実は半分程度だったりする

 

 

これは男の擁護をしているんじゃなくて

 

実は女性側にも誤解があったとか

実は女性側にも確認ミスがあったとか

実は女性側にも性的同意の認知のズレがあったとか

 

そういう意味ね

 

もちろんそういうことがないように

男がもっと気をつけるべきだとは思う

男がもっとしっかりしろ!!とは言っておく

 

 

 

もっと言うと

 

 

 

こういった

『男は簡単にセックス出来た女を大切にしない』

『男は時間をかけて落とした女を大切にするもの』

 

という説が適応されるのは多くの場合

 

 

20代までだったりする

※もちろん『人による』が前提だけどね。30代以降でもクズはたくさんいるからw

 

 

 

なので

今回紹介した神崎さんのような記事も

『20代までなら大いに当てはまるだろうね』

と言いたいだけで

決して否定しているわけではないので誤解のないように

 

 

 

逆にいうと

 

30代以降にもなって

大切にされるかされないかの基準を

『簡単にセックスしたかどうか』で判断するのは

ちょっとどうなのよ?

 

って言いたいだけ

 

 

こういう情報もあくまで

『参考程度にね』って言いたいだけ

 

 

 

じゃあ

30代以降の男はどういった理由で

 

出会ってすぐにセックスした女性を

大切にするかしないかを判断しているのか?

 

 

 

これはねー

もっとゲスい内容なので〜…

 

 

 

つづく(・∀・)!!!!←心の準備が必要…w

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

《年内の全源さん講座&イベント♡

 

 

 

★色々お知らせ★
 

 

源さんの出没情報はこちら♡

 

 

 源さん公式メルマガ

【源さんの源さん♂】始めました

※LINE@は終了しました

 

  

  

源さんの著書♡地味〜ぃぃに売れてます!読まなくていいから買ってね←おい


人生は壮大なひまつぶし ゆる~くテキトーでも豊かに生きられるヒント

  • 作者:一明 源
  • 出版社/メーカー: みらいパブリッシング
  • 発売日: 2017/12/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

 

 

 

f:id:gen-ron:20191226175444j:plain