〜直感的源論〜

ブログ更新を再開します。詳細は後日書きます。よろしくお願い致します

【中折れ】それでもやっぱりしたい!!! 「勃起スイッチ」の入れ方。

※2022.9.1添削

 

 

前回の続きだよ

 

まず前回のを読んでからじゃないと

今日のブログは話が通じないかも(笑)

gen-ron.hatenablog.com

 

 

前回は

 

女性が男に性的刺激を与えてあげて復活させる

という方法だったけど

 

【中折れ】って本当に複雑でね

 

直接的な性的刺激では解消しない男も多い

 

 

 

直接的な性的な刺激でも

勃起スイッチが入らない男は

 

逆に

 

女性を愛撫するとスイッチが入る場合がある

 

ってゆーか

むしろこっちの方が多いんじゃないかな?

 

どういうことかって?

 

単純に

 

女性を愛撫して

女性が感じている喘ぎ声や

女性が感じている顔を見ることによって

スイッチが入る

 

ということね

 

 

だからと言って

必要以上に感じてるふりをしなくてもいいけど(笑)

 

 

ここは意外と知られてないんだけど

 

 

「女性を愛撫する」という

その行為でスイッチが入る

 

そういう男も間違いなくいるんだよね

 

 

・ディープキスさえしていれば

・おっぱいさえ揉んでいれば

・乳首さえ舐めていれば

・お尻さえ揉んでいれば

・足さえさ舐めていれば

・栗さえ舐めていれば

・膣さえ舐めていれば

 

勃起スイッチが入るんだよね

 

 

そこには別に

喘ぎ声とか

感じてる顔とか

そんなのは無くてもいい

 

兎にも角にも

 

触らせてくれ

舐めさせてくれ

それだけでスイッチが入るから!!!

 

って感じ

 

 

男って

わかんないでしょ?(笑)

 

 

でね

もうまとめに入るよ(笑)

 

 

前回も書いたかもしれないけど

 

この勃起スイッチは

当然だけど

人によって違うんだよね

 

何かしら

単体でスイッチが入るかもしれない

複合でスイッチが入るかもしれない

 

 

そもそも

自分の勃起スイッチが何なのかを

理解している男もそこまで多くない

 

仮に

それを自分で理解していたとしても

なかなか言い出せない男もいるんじゃないかなー

 

え?

僕?

ぼ、僕の話は、いいじゃないか!!!

それは僕とセックスする人だけにしか

教えませnブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )誰もお前のことなんか知りたくねぇYO!!!!

 

 

 

もし

もしね

 

貴女が今まで

パートナーに対して

フェラチオしかしたことがない、としよう

 

ある時突然パートナーが【中折れ】したとする

 

彼は

必死に

手でしごいたり

貴女を愛撫したり

何とかして復活させようとしてるけど

全然効果がない…

 

そこで彼が

 

「ねぇ、お願いなんだけど…俺の乳首舐めてくれないかな?」

 

って言ってきたら

貴女はどうする?

 

すぐに出来る??

 

 

今まで

いろんな女性と

いろんな性の話をしてきたけど

 

中には

男の乳首を舐めるなんて

男が乳首が感じるなんて

男が「乳首舐めて」なんて言ってくるなんて

気持ち悪い!!!

 

って言う女性も

少なからずいるんだよね

 

 

今は「乳首」を例にしてるけど

 

貴女は

どこを舐めてくれって言われたら

気持ち悪い!!!

って思っちゃう?

 

 

前回でも書いたけど

男と女性は

生殖器・性器の形が違うだけで

それ以外の身体の作りは大して変わらない

 

貴女がされて気持ちいいことは

男がされても気持ちいいかも知れない

 

そこで

女性に是非お願いしたいのは

【中折れ】解消のために

「気持ち悪い!」と言わずに

男の要望を聞いてあげてほしい…

 

 

これってね

結局は「性癖」の話にもなってくるんだよね

 

ほら

時々僕も書いてるやん?

 

【性癖は人生】

 

人によっては

カップルによっては

これ無しにパートナーシップを語れない

なんてこともあるんじゃないかな

 

 

でね

【中折れ】解消のために一番大切なのは

 

男が

自分で

自分の勃起スイッチを

自分で理解しておくこと

 

 

これに尽きる

 

 

それすらも知らないのに

【中折れ】したことを

女性のせいにしたり…

女性にフォローも入れなかったり…

大した努力もせずにそのまま終わったり…

 

そんな無責任な態度をとる男は

 

絶滅しろ!!!!!

 

f:id:gen-ron:20160901033839j:plain