〜直感的源論〜

元探偵。現パートナーシップ研究家、作家。不倫やレスなどの夫婦問題を中心に、世の中の言いにくい事を代弁しています。間違った性の価値観を払拭するため、正しい性教育講座も全国的で開催中。人生変わるよ♡

『性交痛が続く』『性の相性がイマイチに感じる』のはもしかしたらこれが原因かもしれないね〜

 

先日Fbでコロナについて投稿したら軽くバズりまして〜

 

f:id:gen-ron:20200407171822j:plain

 

そこから一気にフォロワーさんが増えたんだけど

 

新しくフォローしてくださった皆さん…

僕はパートナーシップ、特に性・セックスレスについての専門家でして

そういう記事が多いのでそのつもりでお願いします(´⊙ω⊙`)

 

「わ、なんかエロいこと書いてる!この人キモ!!」

とか思われたら悲しいので先にお伝えしておきますね

 

 

 

 

 

それはさておき(笑)本題に入ろう

 

 

特に『性交痛』については

これまでも結構相談を受けていたんだけど

 

必要なことと言えばやっぱり

 

自分のお股をしっかりケアすること

 

なのよね

 

 

それについては

性教育講座でも、動画でもしっかり説明してきた

 

※絶賛発売中♡外出自粛のお供にいかがかな?


 

 

が(´⊙ω⊙`)!

 

 

だがしかし(´⊙ω⊙`)!!

 

 

駄菓子菓子(´⊙ω⊙`)!!!

 

 

しっかりお股のケアをしていても

それでも性交痛がおさまらない!

 

というお声があるのも事実

 

 

その原因ってなんなんだろう?と考えていたんだけど

もしかしたらこれかもしれない

 

というお話

 

 

《源さんのイベントスケジュール♡
鹿児島・青森行くよ〜(・∀・)
 
募集中♡
 
 
近日告知♡
◆4月26日(日)《zoom》更年期のトリセツ♡世界一わかりやすいゆるゆるお話会♡
◆4月29日(水)《zoom》【脳】で痩せるダイエットお話会♡
 
◆5月17日(日)《鹿児島》貴女から離れられなくなる『男の攻め方&愛し方』講座♡
◆5月24日(日)《青森》貴女から離れられなくなる『男の攻め方&愛し方』講座♡
 
  
 
女性向け性教育講座【動画】大好評発売中♡ご購入者50名様達成
 
男性向け性教育講座【動画】発売中♡

 

 

※前提として『しっかりお股のケアをしている』ことね。ケアしてないお股で性交痛を感じるならまずお股ケアをしよう!!

 

 

 

性交痛だけじゃなくて

挿入時の違和感、相性がイマイチだと感じる原因も

もしかしたらこれかもしれないのね

 

 

なにかというと

 

 

女性の腟の

『上つき下つき』

の違い

 

 

 

初めて聞いた人もいるんじゃないかな?

 

 

簡単にいうと

 

膣口(腟の入り口)が

上寄り(お腹寄り)にあるか

下寄り(お尻寄り)にあるか

 

っていうことなの

 

 

これはどっちが良い悪いではなくて

単純に個性の違いね

 

 

 

ほら

 

ちんこも

上に反ってるちんこもあれば

真っ直ぐだったり

下に反ってるちんこもあるでしょ?

 

 

そんな感じ(・∀・)←ざっくりだなオイ

 

 

ちんこも

上に反ってるのが好きな女性もいれば

下に反ってるのが好きな女性もいるでしょ?

 

 

そんな感じ(・∀・)←ざっくりだなオイ

 

 

 

 

 

上つき下つきを具体的に説明すると

 

一般的に言われているのは

 

 

肛門から膣口までの距離が

4cm以上離れていれば『上つき』

f:id:gen-ron:20200407172625j:plain

 

f:id:gen-ron:20200407172650j:plain

※つくづく家にホワイトボードがあって良かったって思う(笑)

 

 

 

 

肛門から膣口までの距離が

4cm以下なら『下つき』

f:id:gen-ron:20200407172836j:plain

f:id:gen-ron:20200407172859j:plain

 

 

 

ただし

体格や体型によって個体差があるので

4cmという距離ははあくまで一つの目安ね

これが絶対ではないよ

 

 

 

 

距離と同時に大切なのが

膣口の向きね

 

もう一度見比べてみてほしいんだけど

 

f:id:gen-ron:20200407172650j:plain

f:id:gen-ron:20200407172859j:plain




膣口の向きが

 

上つきは上向きに

下つきは下向きに

 

なっているのがわかると思う

(もちろんこれも個体差があるので絶対ではない)

 

 

 

言い方を変えると

 

 

 

仰向けに寝た状態であれば膣口の向きが

 

上つきは天井(お腹)に近くて

下つきは床に(お尻)に近い

 

ことがわかると思う

 

 

 

 

じゃあ

今これを読んでいるあなたが男性だと仮定して考えてみてほしいんだけど

(女性のあなたも考えてみてね)

 

女性が仰向けの状態でちんこを挿入するとしよう

 

いわゆる正常位の体位だ

 

その際

 

 

・ちんこを挿入しやすいのは

・挿入した後ピストン運動しやすいのは

 

上つき

下つき

 

どっちだと思う?

 

 

 

シンキングターイム(・∀・)

 

 

 

ずんちゃっちゃ(・∀・)♪

 

 

ずんちゃっちゃ(・∀・)♪

 

 

ずんずんちゃっちゃー(・∀・)♪

 

 

ずんちゃっちゃ(・∀・)♪←なんの音楽?

 

 

 

考えてみた?

 

 

 

正解は

 

 

 

上つき

 

 

 

 

 

この絵を見ていただくとよりわかりやすいかもだけど

f:id:gen-ron:20200407174051p:plain

男性から見ても(ちんこの位置的にも)

膣口が

床(お尻)に近いよりも

天井(お腹)に近い方が

挿入しやすいのは、わかるかな??

 

 

 

 

正常位の体位に限って言えば

ピストン運動がしやすいのも

 

そして

 

女性が気持ちよくなりやすいのも

上つきの方なんだよね

(もちろん個体差はありますよ)

 

 

 

 

一般的にポピュラーな体位といえばやっぱり『正常位』で

 

普段から正常位で始まって正常位で終わるセックスをする人も多いと思うし

 

 

挿入の基本が『正常位』という価値観が多いため

 

この『正常位』での相性・気持ちよさが基準になるカップルは多い

 

 

 

大切なのはここからで

 

 

 

下つきの女性は

これまで説明してきた理由から

 

正常位が気持ちよく感じない場合が多く

それが原因で相性がイマイチと感じやすい(男女共に)

 

 

また

 

 

男性が下つきの女性に『正常位』で挿入した場合

ピストン運動をしにくく感じることから

若干強引な動きになったり

角度的に無理な角度で動くため

性交痛を引き起こす原因にもなりかねない

(もちろん個人差はあります)

 

 

 

 

今これを読んでいる女性はきっと

自分は上つきなのか下つきなのか

気になっている人もいるかもしれないけど

 

 

ひとつの判断基準として

 

 

パートナーが『正常位』でちんこを挿入してこようとした時

 

なんかわからんけど

もごもごしてスッと挿れられない、挿れてこない

 

「んだよこいつ、何モゴモゴしてんだよ、さっさと挿れろやゴルァ」

 

 って思ったことがあったら

もしかしたら下つきかもしれない

 

 

 

挿れてきても

なんか動きがぎこちないし

やけに足を持ち上げたがるなこいつ

って思ったことがあったら

もしかしたら下つきかもしれない

 

 

 

あくまでひとつの判断基準ね

 

 

 

 『正常位』に限っていえば

上つきの女性の方が気持ちよく感じやすいのは事実

 

 

じゃあ下つきは

どんな体位なら気持ちよく感じるのか?

 

 

 

長くなったので続くぜ(・∀・)←

 

 

 

※何度も書くけど個人差個体差はあるのでここに書かれていることが絶対ではないからね〜

 

 

 

おわり

 

 

 

★色々お知らせ★

 

1年ぶりに源さんのLINEサービスが復活!

現在581名様にご登録いただいてます♡

 

 

 

読売新聞夕刊に源さんのコメントが掲載されました♡

 

Web版はこちら

www.yomiuri.co.jp

 

 

 

女性向け性教育講座【動画】めちゃめちゃ売れてます

  

 

男性向け性教育講座【動画】♡

※購入者の半分は女性です


 

 

源さんイベントスケジュール♡ 

4月分は近日更新します


 

 

 源さん公式メルマガ【源さんの源さん♂】

今後は『LINE公式アカウント』での発信がメインになると思います…w

 

  

  

源さんの著書♡地味〜ぃぃに売れてます!読まなくていいから買ってね←おい

 

人生は壮大なひまつぶし ゆる~くテキトーでも豊かに生きられるヒント

人生は壮大なひまつぶし ゆる~くテキトーでも豊かに生きられるヒント

  • 作者:一明 源
  • 発売日: 2017/12/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

f:id:gen-ron:20200407180534j:plain