〜直感的源論〜

元探偵。現パートナーシップ研究家、作家。不倫やレスなどの夫婦問題を中心に、世の中の言いにくい事を代弁しています。間違った性の価値観を払拭するため、正しい性教育講座も全国的で開催中。人生変わるよ♡

NEW【あげまん塾】8月25日(日)札幌開催決定!9月15日は静岡

 あげまん塾が

始まったばかりなのに

リニューアルだよ(笑) 

 

 

リニューアル①

講座日程が『二日間』から『一日』に変更♡

 

前回までは

1日目…これまでの自分を見つめ直す

約1ヶ月間、その状態で生活してみる(様子見)

2日目…それを踏まえ、真のあげまんとは?をお伝えする

 

というスケジュールでしたが

間の『様子見』の工程を省き

全ての内容を1日の講座でお伝えすることにしました

 

 

 

リニューアル②

大幅値下げ!ほぼ半額♡

 

リニューアル①に伴い

講師2人分の移動宿泊費が半分になったので

受講費がほぼ半額になりました♡

 

 

 

リニューアル③

内容がよりグレードアップ♡

 

2月に横浜で開催した際

本番中に内容がパワーアップ(笑)

 

しかも、講師2人の阿吽の呼吸で

やってる内に勝手にそうなりました(笑)

 

 

 

工程も減って

金額もほぼ半額になって

内容もパワーアップして

 

これでもまだ

受講しない理由って

何があるの?(笑)

 

 

 

 

目次

 

 

 

あげまん探偵

(パートナーシップ研究家、源さん)

 

 

あげまん博士

慶應義塾大学博士、小城絢一朗博士)

 

の二人がお届けする

 

【あげまん塾】

 

 

源さんのこれまでの体験と

パートナーシップ研究の結果を元に

メインで喋らせて頂きます♡

 

そこに

小城博士から

脳科学的』側面から

ガッチリとサポートして頂きます♡

 

 

 

 

さて

本編の説明の前に考えていただきたい

 

あなたにとって

『あげまん』とはどういう存在だろうか?

 

 

☆世間的に言われている『あげまん』とは?

 

wikipediaによると

 

あげまんは、運気が上がっているさまを表す言葉[1]で、主に付き合った男性の運をあげる女性のことを指して使われる。より良い巡り合わせにする女性を「あげまん」、不運な巡り合わせにする女性を「さげまん」と称する。

 

語源の由来については以下の諸説があるが、どちらが正しいものであるかは不明である。

 

  • 「まん」とは「間」が転化したもので、気・潮目・出会い・巡り合わせの意味(関西方言では「まん(間)が良い/悪い」のように使うという説。
  • 女性器の俗称「まんこ」を略したものであるという説。肉体関係を持った男性の運気を上げ、より良い巡り合わせにする女性を「あげまん」、不運な巡り合わせにする女性を「さげまん」と称するようになったという説。ここからさらに意味の幅がひろがり、男性のケースでは「さげちん」、「あげちん」(「ちん」は男性器の俗称による)という言葉が生まれたりした。

 

 

 

 また別のサイトではこのように表現もしている

あげまんは、一緒にいる男性の運気を上げる女性のこと。 幸運を運んできてくれる素敵女子です。 あげまんは「内助の功」と表現されることもあります。

内助の功(ないじょのこう)とは日本の慣用句である。「 家庭において、夫の外部での働きを支える妻の功績」という意味がある。 類語には鶏鳴の助や縁の下の力持ちがある。

 

 

 

言ってることは分からんでもないけど

どうも源さんはこういう考え方って

『男尊女卑』っぽくて嫌なんだよね(笑)

 

 

源さんは別に

内助の功とか、いらんわ〜 

 

 

 

☆これまでのあげまん論は何がダメだったのか?

 

ちなみに

源さんがこれまで見てきた『あげまん』女性は

確かにパートナーの運気が上がって

出世したり、年収が上がったり

していたけど

 

 

それはあくまで

一つの結果論であり

一つの通過点であって

たまたまそうなっただけであって

 

誰もがそれを目的として努力をしてきた

という感じではなかったのよ

 

 

なので

 

出世させる、年収を上げることを目的に

女性が立ち振る舞いや普段の言動を変えて

パートナーをコントロールする術を身につけることが

『あげまん』ではないんだよね

 

 

 

ところが

残念ながら世間的によく見る『あげまん論』はそこを目的として教えている

 

 

だから上手くいかない

 

 

世間でよくある『あげまん論』は

こういった、女性が立ち振る舞いや普段の言動を変えてパートナーをコントロールして

パートナーを変えよう!

 

みたいなものばっかり

 

そりゃーね

上手くいくわけないんだよ(笑)

 

確かに

それができる人もごく一部いるとは思う

 

そして

そういう話を聞けば一様に

「ああ、なるほど確かにそうかもそれなら出来るかも」と感じるだろう

 

けど

 

残念ながら

 

『人をコントロールするための努力は長続きしない』

 

 

『自分以外の何かをコントロールして何かを得ようとする消費エネルギーは膨大!普通の人間にはほぼ無理!』

 

 

だから

いくら世間でよくある『あげまん論』を習ったところで

パートナーが出世したり年収が上がったりするような

『あげまん』には誰もなれないのだよ

 

 

でもみんなそこに

何十万円というお金を落としちゃう

 

 

ああ

確かに

そんなみなさんのおかげで

それを教えている講師は稼げてるよねー

 

そういう意味ではあげまんなのかもねー(棒読み)

 

ほんと、その講師ってさげちんだよねー(棒読み)

 

みんな、そんなあげまんになりたいんだっけ?

 

 

 

☆あげまんになるためには【自己肯定感】だけではダメ

 

世間的によく見る『あげまん論』では

【自己肯定感】をあげよう、と言っているし言いまくってる(笑)

 

もちろん【自己肯定感】を上げることは大切だ

より良い人生を送るためには必要なものだと思う

 

 

駄菓子菓子!(´ω`)

 

だがしかし!(´ω`)

 

 

残念ながら【自己肯定感】だけでは『本当の意味でのあげまん』にはなれない

 

もっと言えば

 

今、それほど自分の人生に満足いっていない

今、そのままの『あなた自身=自己』の肯定感を

いくら上げたところで実際は1ミリも良いことは無い

 

 

何度もいうが確かに

【自己肯定感】は大事だ

 

けど

 

その前にそもそもその『自己』を見つめ直す作業が必要

 

 

その作業をせずに

そのまんまの『自己』を肯定して上げていくから

 

結果

 

ただの勘違い女

 

が出来上がるわけだ

 

あー

なんか最近よく見かけるよねー勘違い女(笑)

 

それはそういうことだよー

 

 

 

なので実は

 

【ありのままの自分】には

 

あんまり価値無いんだよねー(←あくまで、『あげまん』を目指すならの話ね)

 

 

 

☆出世する、年収が上がる男がパートナーに求めていること

 

 

何度もいうけど

女性が自己肯定感を上げて

普段の立ち振る舞いや言動を変えて

自分をコントロールしてほしい!

なんてことは微塵も思っていないし求めていない(笑)

 

だってそれ、『あげまん』じゃないし

 

もし仮にそういうことを求めている男がいるとしたら

『ママ』を求めてるだけのマザコンじゃん

 

 

キモ!!!(笑)

 

 

 

 

あげまん博士こと

慶應義塾大学博士小城博士によると

 

《40代以上の、年収一千万円超え男性が再婚相手に求める条件》(※慶應義塾大学統計による)

 

というアンケートが存在するそう

 

この答えを聞いた時

 

ああ、確かに!

と首がもげるほど納得したのを覚えている

 

それができたら確かに『あげまん』だわ、と思った(笑)

 

 

あと

なぜ成功する男はキャバクラではなく『高級クラブ』や『スナック』に行くのか?

 

そういう『男の本音』が聞けるのも

この塾の醍醐味かもしれない(笑)

 

 

 

 

☆この『あげまん塾』でお教えする肝の部分はここ

 

情報として

先ほど書いたような統計や男の本音はお教えするけど

 

ただ

それが必ずしも『あげまん』になれる知識なわけではない

 

 

良くも悪くも

世間的によく見る『あげまん論』は

そういった【男の本音】を元に作られたものだ

 

要するに

その男性講師が作った「俺をこう扱ってほしい理論」なわけだよ

 

そんなもん聞いて、あげまんになれると思う?(笑)

 

 

この『あげまん塾』でお教えするのはそういうことではなく

 

これまであげまん探偵、あげまん博士が見てきた

この人はあげまんだなぁ、という女性が持っている

 

特徴や特性

どうやってそういう人生、生き方になったのか

 

その考え方や価値観を

お教えすることがこの塾の肝の部分だ

 

 

 

☆この【あげまん塾】はこういう女性にオススメ

 

旦那に、彼にもっと稼いでほしい(笑)

 

うん(笑)イイよ!それでイイの(笑)

 

散々

旦那や彼を出世させて稼がせることが目的ではないよ!とは書いたけど

 

結果的に

旦那や彼を稼ぐ男にすることは出来るから(笑)

 

出世させる、年収を上げることを目的に

女性が立ち振る舞いや普段の言動を変えて

パートナーをコントロールする術を身につけることが

『あげまん』ではない

 とは書いたけど

 

 

旦那や彼をコントロールしなくても

結果的に旦那や彼を稼ぐ男にすることは出来るし(笑)

 

 

なんなら、もっと素敵な人生を送れるようになるから

 

 

 

他のあげまん論を勉強しても変わらなかった

 

それにはね

ちゃんと原因があるの

 

僕は、そこで教えているあげまん論がダメというつもりはない

 

けど

もっとそれ以前にしなきゃいけないことがあるんだよ

そこではそれをやってなかっただけなんだと思う

 

あと

【自己肯定感】を上げるだけでもダメだし

 

ましてや

立ち振る舞いや言動を変えてパートナーをコントロールしようなんて考え方はもっとダメ

 

 

 

今の人生に満足していない、人生を変えたい

 

この『あげまん塾』はパートナーの有無に関係なく受講できます

 

いや、むしろ

パートナーがいない人こそ受講してほしい

 

この塾を受けてから新たにパートナー作った方が

多分話が早いから(笑)

 

この『あげまん塾』で教えることは

ハッキリ言って、パートナーがいようがいまいが関係ありません

 

なぜなら

パートナーをコントロールすることを教えるわけじゃないから

 

これまでにないアプローチで

あなた自身の人生を見つめ直して

あなた自身の人生をより良くするための塾だから

 

何度も書くけど

パートナーがいようがいまいが関係ないし

パートナーがいてもそれをコントロールする塾ではない

稼ぐ男になるのはあくまでただの『結果論』だから

 

 

 

とにかくイイ女になりたい♡イイ男からモテたい♡

 

 

あげまん探偵やあげまん博士が見てきた

いわゆるあげまん女性は

とにかくモテます♡

 

これは例外なくそうです

 

でもそれって

見た目がイイから、じゃないんだよね

 

内からみなぎる何かがあるのよ

 

この『あげまん塾』を受講したら

そういう女性になれると思うし

 

そうなったら

クダラナイ男よりも

あなたが求めてるイイ男にモテるようになると思うよ

 

 

 

なんなら自分も稼げる女になりたい♡

 

誤解のないように書いておくと

稼げている女性があげまん!というつもりはないし

 

旦那が稼げないなら私が稼ぐわ!というさげまん女性になってほしいわけでもない

 

 

ただ

稼げている女性には

それなりに特徴があるし

それ自体は『あげまん』に通じるものがある

 

この『あげまん塾』で学ぶと

自然とそういう女性になれるんだと思っているよ

 

 

 

 

 

☆8月25日(日)《sapporo》開催概要【7/29(月)21時から募集開始

 

◆開催日時◆
8月25日(日)
12:30〜16:30
(間に休憩を2回入れます)
 
 

◆開催場所◆
札幌市営地下鉄 下記出口から徒歩5分の貸し会議室

 
 
◆募集人数◆
8名
女性の参加に限ります
(男性の参加はご遠慮ください)
 
 
◆会費◆
79,800円
お振込み、Paypal(クレジットカード)でのお支払いが可能です
 
 
 

◆お申し込み◆

こちらのフォームからお願いします

【あげまん塾】札幌校お申込フォーム



 

 

 

 

☆8月以降のあげまん塾スケジュール

 

 

◆8月

札幌

 

◆9月

静岡

  

◆10月

岡山

 

◆11月

京都

 

 

 

 

 

☆で、いくらなの?

 

155,000円(税込)

 

79,800円(税込)

 

( • ̀ω•́ )どやぁ!

 

 

あなたのご参加

お待ちしております♡

 

f:id:gen-ron:20190722185513p:plain