〜直感的源論〜

元探偵。現パートナーシップ研究家、作家。不倫やレスなどの夫婦問題を中心に、世の中の言いにくい事を代弁しています。間違った性の価値観を払拭するため、正しい性教育講座も全国的で開催中。人生変わるよ♡

11月19日(火)京都にて緊急開催!『更年期?何それ美味しいの?(・∀・)』愛といのちと更年期のお話会♡

 

10月3日に開催した

『更年期?何それ美味しいの?』

〜愛といのちと更年期のお話会♡〜

 

なんと!

募集開始から19分で20名様満員御礼♡

 

その後会場を広い場所へ変更し

50名様満員御礼となりました!

ありがとうございました

 

f:id:gen-ron:20191008180040j:plain

※プライバシー保護のため参加者様のお顔にモザイク処理を施してあります。ご了承ください。

 

 

 

そして

関西方面からの熱烈なオファーにより

 

11月19日(火)

12:30〜

京都で開催することになりました!

  

 

 

東京のお話会に参加してくださった皆さんが

とても素敵なご感想を描いてくださいました

こちらをどうぞ♡

 

なんかねー

みんな泣いてた♡

みんなお顔が優しくなってた♡

みんな優しい気持ちになってた♡

更年期の不安はなくなったって顔してた♡

 

 

 

 

以下、告知文はほぼ使い回し(笑)↓ 

 

ちょっと前からふと思いたって

女性の更年期の勉強をしている

 

 

ところが 

色んな本を読んでいるけど

大体どの本を読んでみても

書いてあることは大体同じ

 

 

・更年期とは閉経前後5年

45歳~55歳までの10年をいう

 

・女性ホルモンの分泌が減っていくんだから仕方がないこと

 

・更年期の症状にはこんなものがあるよね

 

・自律神経も乱れるよね

 

 

 

(・∀・)あ…うん…そうですよねー

 

 

 

 

・更年期の症状を楽にするために

 栄養バランスのとれた食事をしよう

 適度な運動をしよう

 しっかり寝よう

 ストレスをためないようにしよう

 かかりつけの産婦人科医を持っておこう

 

 

 

うん…

 

わかってる

 

わかってるけど…

 

 

それが出来れば苦労しねぇしな(´⊙ω⊙`)

 

 

ってゆーか

 

ほんとにそれやれば更年期の症状軽くなるんだろうな?(´⊙ω⊙`)

 

 

 

っていうのが本音だ

 

 

もちろんこういった本に書かれていることが間違っているとは思わない

 

 

でも

 

 

いやー

ぶっちゃけ

更年期ってよく分かんねぇし

なんとなくホルモンのせいにして

当たり障りのないこと書いておけば

よくね?(・∀・)

 

 

 

っていう雰囲気を感じるんだよね…

 

 

 

ほら

日本は特に『性』に閉鎖的

 

 

教育でも正しい『性』を教えない

大人になっても『性』を学ぶ機会なんてほぼ無い

なんとなく男がAVで学んだジャンクなセックスを受け入れて女性が辛い思いをして終わる

 

みたいなのが日本の性の縮図だ

 

 

 

んで

『性』とは何もセックスだけのことではなくて

 

 

 

男性と女性の違いも『性』

 

 

自分の身体のことを知るのも『性』

 

 

自分の身体のケアのことを知るのも『性』

 

 

女性として幸せな生き方を考えるのも『性』

 

 

人は生まれてから死ぬまで必ず『性』がセット

 

 

それこそ

食べる、寝ると同じレベルでセットだ

 

 

 

それなのに

『性』については誰もちゃんと教えてくれない

 

 

それどころか

タブー視して自分でも知ろうとしない

 

 

結婚して

なんとなく子供を作って

それ以降は『性』は無きものにしよう

 

 

そんな風潮さえ感じる

 

 

 

そしてそれは

【更年期】もそう

 

 

【更年期】だって立派な『性』の話だよね

なのに誰もちゃんとしたことを教えてくれない

 

 

だからこそ

よくわからない【不安】がつきまとう

 

 

なんだかいつもと調子が違う

 

もしかしたら更年期?

 

 

そんな肉体的な不安もあるのかもしれないけど

 

いろいろ調べていくうちに(調べるまでもないことかもだけど)

更年期を迎えた女性が感じる【不安】は

そことは別のもっと深刻なものもあるんじゃないかなって思った

 

 

その【不安】とは

 

 

 

「更年期が始まった」

 

 

「女としてもう終わり?」

 

 

「私はもう愛されないのかも…」

 

 

 

という【不安】

 

 

 

 

もちろん

更年期を迎えたからといって

閉経を迎えたからといって

女性として終わるわけないし

愛されなくなるわけでもない

 

 

でも

そういうなんとも言えない

拭えない【不安】を抱えている女性は多いらしい

 

 

 

よし

 

わかった(・∀・)♡

 

じゃあその【不安】

 

取り除こうじゃないか!

 

 

お話を聞くだけで

 

更年期の【不安】を払拭できる

 

そんなお話会をやるよ♡

 

 

 

11月19日(火)京都開催

 

『更年期?何それ美味しいの?』

〜愛といのちと更年期のお話会〜

 

 

 

とはいえ

さすがにこのテーマを源さん1人でやり切れる自信がないので(笑)

 

めっちゃめちゃ素敵なゲストとコラボすることにしました

 

そのゲストとは

 

 

 

いのちの語り部

青木千景さん♡

 

千景さんのことはここを読んでいただければだいたいわかるよ♪

 

 

 

これまでの活動実績(ごく一部)


これで一部だからね(´⊙ω⊙`)ちょっと…すごすぎるんですけど…

 

 

小さなお子様から

子育て世代のお母さん

そして

更年期世代の女性

 

様々な年代の女性に向けて

 

女性として大切な

『性』の話

『愛』の話

『いのち』の話

 

 そしてもちろん

『更年期』の話も沢山されてきたそうです

 

 

 

千景さんは現在50代

 

これまで多くの女性と接してきた源さんから見ても

本当に本当に素敵な女性♡

 

  

千景さんは更年期が始まった時

一瞬だけ自覚はあったそう

 

ところが

その後、更年期による症状もほぼ無く

「え?更年期?何それ美味しいの?」

と言いたくなるぐらい更年期の辛さというものをほぼ感じなかったそう

 

 

これはね

たまたま千景さんがそうだった、という話ではなくて

 

千景さんだからこそ

更年期を不安無く過ごすことができたんだよね

 

 

 

初めてお会いした時もそうだったし

それ以降お会いするたびに

「千景さんは今後絶対に更年期世代の希望になる人だ♡」

って感じていたので

 

 

 

今回

源さんの方から

猛烈にオファーをさせて頂き

このお話会が実現しました!!

 

 

千景さん

素敵な機会を作って頂き本当にありがとうございます

 

 

 

このお話会では

 

具体的に千景さんが

どのように更年期を過ごしたのか

 

具体的な

心と身体のケアの方法や

生き方などのお話をして頂きます

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ

このお話会に来て

黙って椅子に座って

なんなら目もつぶって(笑)

メモなんか取らなくてもいい!

ただただ千景さんのお話を聞くだけで

更年期への不安が無くなっちゃうぜ!!

 

そんなお話会だよ

 

 

なんなら

ただ【更年期の不安】がなくなるだけじゃなくて

 

 

あなたが

女性として生まれた意味

女性として生きていく意味

女性として愛されることの意味

女性が普段なんとなく漠然と感じているあらゆる不安も

千景さんのお話を聞くだけできっと楽になれると思うし

 

あー♪

女に生まれて

良かった(*^ω^*)♡

 

最後はそう思ってお帰りいただける

そんなお話会になると思ってるよ♪

 

 

 

◆開催日時◆

2019年11月19日(火)

12:30から

15:30まで

※お話会2時間程度、その後の質疑応答やフリータイム(写真撮影等)の時間を含みます

※16:00完全撤収となりますのでご協力をお願い致します

※お話会終了後のご退室はご自由にどうぞ。

 

 

◆開催場所◆

JR京都駅(八条口)より徒歩約2分の 

のレンタルスペース

 

 

◆募集人数◆

50名

女性の参加に限ります

(男性の参加はお断り致します)

 

 

 

◆会費◆

早割価格!

10,000円

お振込み、paypal(クレジットカード)でのお支払いが可能です

 

 

 

◆お申し込み◆

こちらのフォームからお申し込みください

ws.formzu.net



 

f:id:gen-ron:20190901025435j:plain