〜直感的源論〜

元探偵。現パートナーシップ研究家、作家。不倫やレスなどの夫婦問題を中心に、世の中の言いにくい事を代弁しています。間違った性の価値観を払拭するため、正しい性教育講座も全国的で開催中。人生変わるよ♡

愛する人と『2人の人生』を一緒に歩む【ペア族】。『1人で歩む』人生の中に愛する人がいる【シェア族】

 

※この

ペア族・シェア族の記事は

ちょいちょい添削してリニューアルしています

 

 

 

以前Facebookに投稿をして

めちゃめちゃ反響の大きかったこれ

 

f:id:gen-ron:20191207164033p:plain

 

 

 

この投稿に頂いたコメントを一部紹介するね

 

f:id:gen-ron:20191207165208p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165213p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165215p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165218p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165221p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165225p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165228p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165232p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165235p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165240p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165242p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165246p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165249p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165253p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165256p:plain

 

f:id:gen-ron:20191207165300p:plain

 

 

 

こうしてみると②が多いように見えるのは

源さんが「僕は②だ」と書いたからだろう

 

そりゃ①の人はコメントしにくいよね

ごめんね

 

 

 

この投稿をきっかけに

自分はどっちなのかな?って

考えてみた人も多いはず

 

 

中には

この投稿をきっかけに自分がどっちか明確にわかって

ああ、だからパートナーと合わないのかってわかって

その後離婚し、いま幸せに暮らしている人もいる

 

 

 

それぐらい

この価値観は

パートナーシップを築く上で

根幹的なものであると言える

 

 

 

 

今後これらの性質の違いを

 

愛する人と『2人の人生』を一緒に歩む

→【ペア族】

 

 

②『1人で歩む』人生の中に愛する人がいる

→【シェア族】

 

と表記することにする

 

 

 

うん

なんとなく

【族】って表現

好きな人多いでしょ?(笑)

源さんも好きなので便乗させていただきやす

 

※この記事は某心の専門家の方々とは一切関係ないことをここに表明しておきます。あくまで個人的にファンであり尊敬している方々であって、この記事はあの方々とは何ら関係がないことをご理解ください。

 

 

 

 

愛する人と『2人の人生』を一緒に歩む【ペア族】

 

 

基本的な概念は

 

・人生は2人でひとつ♡

・何をするにも2人一緒♡

・毎日でも一緒にいたい♡

 

って感じかな

 

 

 

 

 

②『1人で歩む』人生の中に愛する人がいる【シェア族】

 

【シェア族】の『シェア』とはシェアリングのシェア

シェアリングは『共有』という意味ね

 

 

基本的な概念は

 

・ぶっちゃけひとりで十分幸せ♡

・大切な人が出来た時は『自分の時間・人生』を相手と共有する、時もある←常に!じゃないところが①との大きな違い

・毎日一緒とかほんと無理(´⊙ω⊙`)

・自分1人の時間、自由な時間が無いと死ぬ

 

 

 

源さんはいうまでもなく②なので

これから書くそれぞれの違いの中で

若干①をディスる表現になる可能性もあることを

先に謝罪しておkブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )←①の逆襲

 

 

どちらが良い悪いという話でもない

どちらにもそれぞれの正義があるので

あなたがどっちであるかはそれぞれの自由

 

 

あくまで源さんの感覚なので

それは違う!という人もいるだろうけど

まぁ、なんとなく、テキトーに読んでくれたまえ

 

 

あと

以下のそれぞれの項目について

「これについては①だけど、あれについては②なんだよねー」

ということもあるだろうけど

そういう場合は上記の基本的概念に立ち戻ってほしい

 

 

 

 

 

以下

 

愛する人と『2人の人生』を一緒に歩む【ペア族】

 

②『1人で歩む』人生の中に愛する人がいる【シェア族】

 

の前提で書くね

 

※思いつきで書いているので順番等不自然な場合もあり(笑)

※あくまで『源さんはこう』という、かなり極端なことを書くので全ての場合があなたに当てはまるとは限りません

 

 

 

 

 

 

◆時間の概念

 

①ペア族

一緒にいる時間の長さが愛情の多さ♡

 

 

②シェア族

二週に一回、月に一回でも会えれば良い

 

一緒にいない時間も愛情を育む大事な時間

 

 

 

 

◆連絡の頻度

 

①ペア族

毎日でもLINEしたい♡

1日でも連絡が来ないと不安になる

 

 

②シェア族

毎日とかほんと勘弁して

なにをそんなに毎日話すことがあるの?

2、3日連絡が来なくてもなにも気にならないしむしろその方が心地良い

 

 

 

 

◆住居

 

①ペア族

住む家は「ひとつ」が当たり前

同棲だってしたいし、結婚したら一緒に住むのが当たり前♡

 

②シェア族

家は別々が理想

いくら好きな人でも同じ屋根の下で他人と暮らすことが窮屈で仕方がない

同棲とか、ないわー……別居婚週末婚最高!好きな時に好きなだけ会えればそれでいい!

 

結婚するにしても家は別々が良い

 

 

 

②の源さんは

相手がパートナーじゃなくても同じことが言える

 

例え親兄弟だとしても同じ屋根の下で生活するのって

もう無理なんだよね

 

誰かと同居しているとどうしてもその人たちに何かしら気を使ってしまう

だから心から気を抜いて安心することができない

 

入籍だって別居していても出来るしね

 

でもペア族の人からすれば

「一緒に暮らさないんだったら結婚する意味が分からない」なんだよね

 

だから源さんはペア族の人とは一緒になれる気がしない

 

 

 

 

◆スケジュール

 

①ペア族

お互いに把握することが基本!

事前に、いつどこで何があるか知らせておくのが当たり前だし

「それをすることが相手を思いやるってことでしょ?」

 

 

②シェア族

把握していなくても問題ない

離れている時はお互いがどこで何をしていようが自由だし気にならない

「お互い別々に生活してるのにスケジュールを共有する理由ってなに?? 」

 

 

②の源さんからすれば

お互いのスケジュールを把握しておくことの意味が分からない

 

まだ結婚していない2人なら

いつ会うかいつデートするかだけ決めていれば

それ以外のスケジュールを把握しないといけない理由ってなに??

 

 

・スケジュール共有の仕方 

 

①ペア族

パートナーのスケジュール共有は直接話し合うなり、LINE等のやり取りで共有が当たり前

パートナーの予定、スケジュールをSNSで知ると「大切にされていない」と感じる

 

 

②シェア族

そもそも共有する意味がわからないので仕方もなにも…SNSで知ることのなにがダメなの?

 

 

 

◆パートナーシップ

 

①ペア族

死が2人を分かつまで♡

一生あなたと生きていきたい!死ぬまで一緒にいたい♡

 

 

②シェア族

人生80年90年100年…先のことなんて分からないよ

だから【いま】愛している人と一緒にいたい

 

 

 

②の源さんは

基本的に先のことなんて考えていない

考えても3ヶ月先程度だ

 

 

「来年も、何年も先もこの人と一緒にいたい」って思うようになると

『守り』のパートナーシップになることが多いので

本来あるべき幸せなパートナーシップとはかけ離れていくことを危惧している

 

 

 

 

◆結婚

 

①ペア族

結婚すれば幸せになれる♡

恋愛の集大成は結婚♡

 

②シェア族

結婚をする理由がいまいちわからない

2人が幸せなら形にこだわる必要なくない?

 

 

②の源さんからすれば

 

結婚はひとつの愛情表現の手段であって

世間が求めているような普通の結婚観には興味がない

 

好きじゃなくなったら別れるよ、当たり前じゃん

好きでもない異性と結婚生活を続ける理由ってなに?

 

社会的な理由で

好きでもない異性と一緒に居続けるなんて

不幸でしかない

 

 

 

・結婚後のお財布

 

①ペア族

2人でひとつ♡

結婚後、夫は小遣い制が基本

 

 

②シェア族

別で良くね?

一緒にする理由って何?

そもそも自分の人生は自分で責任を持つのがシェア族の信条なので

基本的に『経済的自立』している異性じゃないと価値観が合わない

 

 

財布を一つにするかどうか、というより

それぞれが経済的に自立出来ているかを重視する項目だね

 

 

 

 

◆パートナーシップの理想形

 

①ペア族の価値観を目指すのが良いこと、理想とされている

 

②シェア族は『自分勝手』『自己中』とされるが、様々な人生経験を経て「え、こっちが理想じゃね?」とシフトする人多数(笑)

 

 

 

あくまで『一般的価値観』を言えば

コメントでもいただいたように

①が良しとされているし

①を目指すのが結婚でありパートナーシップだと思っている人も多い

 

それは

明治以降の政策・教育によって

そう教えられて洗脳させられた結果なんだけどね…

 

 

 

◆離婚

 

①ペア族

人生の終わり…

 

②シェア族

おめでとう!

離婚は幸せへの片道切符!

次行こうぜ次!!

 

 

例えば

離婚歴のある人が必ずしも②になるとは言えない

 

一度目の結婚が酷いものだったから

もう一度結婚して理想の①を経験してみたい!

という人もいる

 

 

 

 

◆多数派少数派?

 

①ペア族

圧倒的多数

基本的に『正しい』とされがちな価値観

 

②シェア族

圧倒的少数

基本的に『間違ってる』『頭おかしい』とされがち

 

 

 

 

◆相互理解

 

①ペア族は基本的に②シェア族を理解できない

 

②は①の価値観も分からなくはないが

根本的に①になることはない

 

 

いろんな夫婦の例を見てみると

①が②に合わせる努力をしている夫婦を見かける

 

ってゆーか

そうじゃないと無理だと思う

 

 

 

 

◆価値観の違い

 

①一緒である方が良いとされるため

「話せば分かり合える」が根本にある

 

②違うことが前提

「話せば話すほど自分と相手は違うということがわかる」が根本にある

 

 

 

 

 

 

ペア族・シェア族

 

これは一見『ただの性質の違い』のように思えるかもしれない

 

それこそ

「話あえばどこかで折り合いがつくんじゃないか?」

と思われるかもしれないけど

 

 

でもその『折り合い』とは

どちらかが我慢して

どちらかに合わせて生きる

という方法以外に無いのよね

 

 

 

 

もしこれを読んでいる人の中で

 

「私達夫婦は私は①だけど、旦那は②!

 だけど、うまくいってるよ」

 

という夫婦がいたとしたら

 

 

それは間違いなく

どちらかが我慢して

どちらかに合わせて生きている

だけの話

 

根本的に理解し合えているというわけではない

 

 

 

 

で、だ

 

ペア族とシェア族は

ただの『性質の違い』で済む問題ではない

 

 

どちらかがある日突然『自分が本当に望む生き方』をしようとすると

何が起きるかというと

 

 

 

共通言語が無くなる

 

 

そりゃそうだよね

今までどっちかがどっちかに合わせてきただけなんだもん

 

本来はこの価値観って

共通言語を持たない関係性なわけで…

 

 

  

自分が何を話しても

『それが相手に正しく伝わる』ということが無くなるのよ

 

 

何を話しても

自分の意図が正しく伝わらなくなる

 

 

何を話しても

自分が意図していることが

相手には全く違う意図で伝わってしまう

 

 

 

 

例えるなら(うまい例えかどうか分からんけどw)

 

英語しか話せない人と

日本語しか話せない人が

自分の言語だけを喋って

うまくコミュニケーションを図ろうとするようなもので

 

お互い自分の国の言語で正しいことを喋っているけど

それが全く相手に伝わらない

 

これがなまじ

ちょっとだけお互いの国をかじったことがある人同士だともっと厄介で

伝わらないだけじゃなくて

自分の言っていることが自分の意図とは全く逆の意味で伝わったり

誤解を与えてしまったりで大変なことになる

 

 

 

え?

この例え、分かりにくかった(´⊙ω⊙`)えー…

 

あ、じゃああれは?

 

 

ベジタリアンの人と肉食の人が

お互いの正義を話し合って分かりあおうとする、みたいな

そんな感じならわかる?

 

ベジタリアンと肉食の人は

どっちにも正義はあるけど

絶対にわかり合うことは出来ないのよね

 

 

 

 

こうなるともうどうにもできなくて

分かりあおうと思って話せば話すほど

意図が伝わらなくなるし

意味不明な衝突が起こる

 

 

そして

本人たちもなぜ今この衝突が起きているのか理解できない

 

 

だから

話せば話すほどまた新たな衝突が生まれる

 

 

これを収束させるにはやはり

どちらかが我慢して

どちらかに合わせるしかないのよ

 

 

 

 

この話は

人によっては

「たったそれだけのことで」

って思うかもしれないけど

 

それはきっとあなたが【ペア族】だからだよ

 

ペア族のあなたは

ペア族が正しい男女のパートナーシップ!

という価値観が当たり前

 

だから

「シェア族がペア族に合わせるべき」

 

ってどこかで思ってるのよ

 

 

でもね

これは

ペア族のあなたには理解できない苦しみなのよ

 

 

一度でも何か少数派になったことがある人ならわかると思うけど

 

少数派ってほんとに理解されないし

少数派はいつも『悪』

 

「みんなと同じようにできないお前が悪い」

 

っていつも叩かれる

 

 

 

なんだかもう疲れちゃったよね…

 

 

 

最後に一つ言いたいのは

 

あくまで『現時点』で、だけど

 

ペア族とシェア族のカップル・夫婦が

『どちらかが我慢して、どちらかに合わせて生きる』ということを一切せずに

 

本当にお互いが『自分の望む生き方』をしようとした時

お互いに本当に分かり合えて幸せになれる方法が

全く思いつかない

 

 

 

誰か教えて(笑)

 

 

 

それぐらい

ペア族とシェア族の溝は

マリアナ海溝より深いのよ