〜直感的源論〜

元探偵。現パートナーシップ研究家、作家。不倫やレスなどの夫婦問題を中心に、世の中の言いにくい事を代弁しています。間違った性の価値観を払拭するため、正しい性教育講座も全国的で開催中。人生変わるよ♡

あなたの『人生で最も後悔していること』は?〜後悔を生み出すものは結局、これなのかもしれない〜

今日はちょっと重たい話なので

「よし、今日は源さんのブログ見て笑って気分あげるかー♪」

的な人は後日にした方がいいと思うよー

 

いい?

 

忠告したからね?(・∀・)

 

 

 

はい

今日のテーマ

あなたの『人生で最も後悔していること』は?

 

 

なんかね

ふと、今日書けって

源さんの直感がいうので書くことにした(特に目的はない)

 

 

40年も生きていると後悔したことなんて沢山あるけど

最も後悔していることを考えたら

これが出てきたんだよね

 

まぁ、ちょっと話聞いてよ

 

 

 

 

 

源さんは今でこそ

身長173センチ

体重68キロと

並みの体格だ(いやむしろお腹が気になる)けど

 

小学生の頃は背の順でいえば

いつも一番前か二番目か三番目か

それぐらい小さかったし

体も女の子より細かった

(中学校に進級した時点で身長140センチだった)

なんなら髪の毛もちょっと長くて女の子より可愛かったぞ←だからなんだ(笑)

 

 

 

 

うちの田舎の小学校は

基本的に近所の子達が数名集まって

【班】になって登校していた

 

 

その同じ【班】の中に居たんだよね

いじめっ子が

 

 

体格も大きく

小さい頃から剣道を習っていて

とてもではないけど力では敵わない相手だった

 

 

いじめてきたのはそいつだけ

それ以外の学校のみんなとは仲良くやっていたし

それ以外の学校生活にはなんの不満もなかった

 

 

登校時は他の生徒もいたからそうでもなかったけど

下校時は待ち伏せからの

帰り道で暴力暴力

 

 

 

基本殴られるのはグーで力一杯なので

日々色んなところにアザが出来ていたし

鼻は曲がったし

歯(永久歯)も抜けた←源さんがのスキっ歯は幼少期に抜けた歯を放置していたから、という説もある

目一杯爪を立てられて頰をぎゅーーー!ってされたおかげで顔には一生消えない傷もある(これは小城博士からオススメされたスキンケアの成分でだいぶ消えた!マジですげぇ!)

 

 

学校の成績にも文句を言われる

「俺よりいい点とるんじゃねぇ。取ったら殴るぞ」

といつも言われていて

本来なら100点取れるようなテストでも

わざと答えを書かなかったりわざと間違えたりして

70点ぐらいに抑えるように調整してた

 

 

 

これが

小学二年生から五年生まで続いた

 

 

なかなかの地獄だったよ

これを書いてる今でも涙が出てくるよ

 

 

親には言えなかった

なんでだかわからないけど

いじめられているとバレることが

とっても恥ずかしいことで悪いことで

親にバレたら親を悲しませるんじゃないかって思ってた

(僕の「人様に迷惑をかけてはいけない」という価値観はこういうところから生まれたのかもね。今はだいぶ解消されてるけど)

 

 

とは言え

親も気づいてはいたんじゃないかなー

 

いじめを受けていたおかげで

気も小さく大人しくそこそこ優等生みたいな感じではあったけど

毎日毎日いじめられればストレスもたまるし

たまに癇癪みたいなことを起こすこともあったし

 

とにかく

いじめられていることを

隠すことに必死だった

この辺りから「人目を気にする」性格も作られたのかなー?

(源さんはこう見えても人見知りだし人の目が気になる人間です)

 

 

 

源さんの親父も

決して大きい体格ではなく

いじめられないように子供の頃は剣道を習っていたそう

 

その影響か

姉は少林寺を習わされていたし

源さんも小学五年生から空手を習いに行ってた

 

そのおかげもあってか

空手を習い始めた頃からいじめは無くなったように記憶している←記憶違いかもしれないけど

 

 

 

中学校に上がってからは

とにかく同じクラスにならないようにだけ祈ってた

結果、一度も同じクラスになることもなく平和に過ごした

 

と思ったら

まさかの、同じ高校に進学していた

(科が違うからそもそも関わることもなかったけど)

 

 

 

さて

とてもあの地獄の少年期をブログ1記事にまとめるのは難しいけど

 

そうそう

今日のテーマだよね

あなたの『人生で最も後悔していること』は?

 

 

源さんのそれは

 

 

 

 

いじめっ子に

反抗(抵抗)しなかったこと

 

 

 

 

ほら

よくテレビドラマとかでもあるじゃん

 

いじめられっ子が勇気を出して反抗して

その後いじめっ子と仲良くなる、みたいな

 

ああいうのをみていて

「いやいや、実際いじめを受けてみ?そんな気起きないから」

ってずっと思ってた

 

それが正しいのか間違ってるのかは今でもわからんけど

 

 

もし

あの時

抵抗していたら

何か変わってたのかなーって

 

抵抗したらきっと

もっとボコボコにされてたかもしれないけど

 

何か変わってたのかなーって

 

 

長年いじめを受けるとね

人の痛みがわかる人間になれるけど

反面

人には理解できないレベルのドス黒い人格も作られるんだよね

 

時々そういう自分に自分で怖くなることもある

 

 

今思えば

いじめっ子の家庭は多分複雑だった

いじめっ子も日々相当なストレスがあったんだと思う

その矛先が源さんに向かっていたんだと思う、けど

そんなことは知ったこっちゃないし

いま、もし何らかの形で再会することがあったら

ころすかもしれないなー

 

 

 

時々、数年おきに

いじめの報道が過熱することがある

 

その度に議論されるのが

「いじめられる方にも原因があるか、ないか」

 

あるわけがない

あるなら教えてほしい

僕はなぜいじめを受けなきゃいけなかったの?

 

 

なので

源さんの前では

「いじめられる方にも原因がある」

なんて言わないほうがいいよ

一瞬であなたのこと嫌いになるから

 

 

 

 

これでも

頑張って生きてきたんだよね

 

一時期

自殺も本気で考えた

でも

親のことを考えたら死ねなかった

 

 

いじめを苦に

自殺したという報道を見ると

自分ごとのように胸を締め付けられる

 

辛かったね

誰にも相談できなかったんだね

誰にも迷惑かけたくなかったんだね

優しい子だったんだろうね

 

 

僕も当時は

良い子でいよう

良い子でいなきゃって

どこかで思い続けてた

 

まぁ

そのおかげで

今とっても良い人だけどな(・∀・)←え?(冗談ですw)

 

 

 

 

後悔って

どれだけしても消えることはないのかもしれない

 

でもね

後悔することがあることを

悪いことだとは思わないでほしい

 

後悔していることがある

後悔している自分は辛いかもしれない

 

けど

今のあなたがいるのは

死ぬほど後悔するようなことがあった

そんな辛いことを経験してきたからこそ

 

あなたに

過去どんな後悔することがあったとしても

それがあるから今のあなたがいるわけで

 

 

 

ほら

じゃあ聞くけど

今日、この記事を読んで

源さんのこと嫌いになった?

 

ならんでしょ?(なった人がいたらごめん、さようなら)

 

僕もそうだよ

あなたにどれだけ後悔したことがあったとしても

それはそれ

あなたはあなた

今のあなたがそうやって素敵な人なのは

死ぬほど後悔するようなことがあって

人の痛みがわかる人だから、でしょ?

 

あなたは優しい人だよ

僕にはわかる、気がする

 

 

 

 

とはいえ

これから先はもう後悔したくない(笑)

 

これから先の人生は

どれだけ『後悔しない選択』をして生きていくか

 

それを意識して生きていこうって思う

 

 

 

 

だから

やりたい!と思ったことはやった方がいいし

やりたくない!と思ったことはさっさとやめればいい

 

 

やりたい!と思ったことをやらないことも

やりたくない!と思ったことをやめないことも

結局は【我慢】だ

 

我慢なんて

人生には何一つ良いことをもたらしてくれない

 

 

 

我慢することが美徳だと考える人もいるだろう

 

でも

 

我慢は後悔しか生まない

 

源さんはそう思ってる

 

源さんはもう

後悔する生き方はしたくない

 

しないよ!

 

 

 

あなたはいま

何を我慢してる?

 

その我慢って

将来、後悔にならない?

 

後悔って

辛いよ、まじで

 

 

ちょっと意識して

未来を思い出してみて?

 

今してるその我慢

未来で後悔になってない?

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

いじめ

ダメ

絶対