〜直感的源論〜

元探偵で、現パートナーシップ研究家。「バカ男は絶滅しろ!」の『絶滅節』が炸裂!!!男女や夫婦問題を中心に、世の中の「言いにくい」ことを代弁します。レシピや日々のくだらないことも(笑)

で、結局源さんの本っていつ出版されんの??

※追記

 

現在、出版担当さまと共同で

原稿の最終チェックを行ってます

 

これから表紙のデザインだったり

本の装丁だったり

いろんなことを決めていくので

 

発売は12月の中頃になりそうです

 

もうちょっと待っててね

 

※追記終わり

 

 

 

 

 

本を出版する

その契約をしたのが3月のこと

 

そこから原稿を書き始めた

 

源さんが書く文章は

正しい日本語も正しい文法もとことん無視で

敬語も使わず話し言葉

とても本になるような文章ではない

 

源さんのことを叩いている一部の馬鹿女どもによれば

「まずは文章の書き方から勉強してこい」だそうな

 

確かにそれは一理ある(笑)

 

でも

これが源さんの味なのだ

 

源さんの文章は

源さんにしか書けない

なので

本を出版するにあたって

「ライターさんに書いてもらう」という選択肢は初めからなかった

 

 

当初は

恋愛・結婚・不倫・離婚・セ ックス・パートナーシップと

男女のことに関することを満遍なく書き進めてたんだけど…

 

 

 

つまらん

 

 

ある程度出来上がったものを読み返しても

源さん自身が何もワクワクしなかった

 

 

ボツ決定

 

 

 

源さんの専売特許はなんだろう?

源さんの得意分野はなんだろう?

 

そこで

テーマを

不倫とセ ックス(レス)

この二つに絞って

そこから見える「今後のパートナーシップ」みたいなものを書こうと決めた

 

 

8割がた原稿も出来上がり

出版社の担当さんに提出していた

 

さぁ

あとは「まとめ」を書いて終わりだ

 

1度、これまで書いたその「8割」を読み返してみよう

 

 

 

つまらん

 

 

 

書いている内容は

きっと世に出ればそれなりに役に立つ内容だとは自負できる

 

でも

なんか

 

これじゃない感

 

 

というか

 

 

今、これを伝えたい時期はもう過ぎたわ

 

 

なんか

今じゃない

もうそこに対しての熱は冷めてた

 

 

ボツ決定

 

 

ここでひとつ気付いたのは

 

源さんという人間の

興味や

発信したいもの

そういうものの変化のスピードが

自分で思っている以上に速いんだということ

 

あまりにも速すぎて

原稿を書き終える前に

それに対しての興味がなくなるという(笑)

 

 

厄介にもほどがあるぞ自分!!!

 

 

それともうひとつ

パートナーシップ研究家として

これまでいろんな男女のあれやこれやをブログで書いてきたけど

 

 

ブログより

面白いこと

書けねぇや

Σ(ノ∀`*) ペシッ

 

 

 

なので

本を出版するにあたって

パートナーシップのことを書くのはやめた

 

 

今、新しく書いていることは

これまでの源さん

これからの源さん

共通している【生き方】とか【考え方】とか

 

読んでもらえたら

きっとみんなが

生きるのが楽になるんじゃないかなーって

 

そういうヒントみたいなものを書いてる

 

発売日は決めてない

 

源さんは

締め切りがある仕事は

俄然やる気が出ないことが分かったので(笑)

 

原稿が出来上がったら

そこから発売日を決める、という

これまでにないイレギュラーな形でやらせてもらうことにした

 

こんなわがままに付き合ってくださる

出版社、そして、その担当さんには感謝しかないです

本当にありがとうございます

 

 

 

そして

本が無事に出版されたら

パートナーシップ研究家という肩書きを名乗るのも

やめようと思う

 

まぁ、元々

他に適当なのがなかったから

それこそテキトーにつけただけだしね(笑)

 

 

 

 

最後に

これから「本を出したい」と思っている多くの人たちに

源さんが最もやらかしてしまったことを教訓にして

贈る言葉としたい

 

 

本を出したいと思うなら

原稿は完成させておけ!

 

 

源さんみたいに

出版することが決まってから書き始めると

めっちゃ苦しいぞ

 

 

 

 

f:id:gen-ron:20170726023627j:plain